トークハットとは?

スポンサーリンク

トークハット(トーク帽)とは、頭に乗せるように被る、浅い筒型のつば(ブリム)の無い帽子の総称です。

起源はトルコの男性が被っていた円筒形のトルコ帽とも、中世の貴族が好んで被っていたものが発展したとも言われています。

現代では慶事・弔事用のフォーマルな装いとして、もしくはお洒落用として使用され、カクテルドレスと共に用いられるため、カクテル帽という呼び方もあります。

葬儀用の黒いトークハットは、黒いベール(チュール)で装飾が施されたものが主流です。皇室の葬儀では、女性が顔をすっぼり覆う長めのベールの付いたトークハットを被り、黒手袋を着用しているのを見る事ができます。

皇族の方や海外のファーストレディがトーク帽を好んで被っているように、フォーマルな装いの中では正礼装とされ、必ず手袋を着用し、室内でも最後まで取らないことのがマナーです。頭の形に合っている事が基本なので、オーダーメイドで仕立てる事も。

瀟洒なベール顔を隠した喪服姿は素敵ですが、服装としてはぐっと各が上がるため葬儀の一般参列者としては注意が必要です。
一般参列者は、遺族より格式の軽い喪服を着る事が礼儀なのでマナー違反になる事もあります。

また、親族であっても日本の葬儀ではあまり一般的ではないため、喪の席でお洒落をしていると取られがちなので周りの人に合わせる事が大事です。

これまで私が出席した葬儀では、親族を含めてトークハットを被っているのを見かけた事は一度もありません。

映画『アマデウス』の中では、モーツァルトの葬儀のシーンで、奥さんのコンスタンツェや友人の女性が豪華なチュールがついた黒い帽子を被っていたのがとても素敵で印象的でした。

でも、日本の葬儀では、トーク帽は一般的ではないのかもしれませんね。

急に必要になった時も安心!ネットで注文・自宅で試着できるフォーマルサイトランキング

メアリーココは、1978年創業の、企画・生産・販売まで一括で行っているフォーマルウェア専門店です。年中無休で、午後12時までなら当日配送が可能なので、急いでいる時も心強いです。

◆サイズ補正サービスがあります
試着サービス、ハンガー便のチョイスなど嬉しいサービスを取り入れていますが、なんと言っても便利なのが、サイズ補正サービス。(有料)袖丈、着丈、パンツの裾丈などを自分のサイズにジャストフィットでオーダーする事が可能なので、サイズの事でイライラする必要はありません。

◆152㎝前後のプチサイズ、17号までの大きいサイズが充実!
通常サイズよりも、着丈・袖丈が短めの身長が低い方でも綺麗に着られるプチサイズ、17号~25号までの大きいサイズのブラックフォーマルが充実しています。

『ビーギャラリー』は、東レ株式会社のグループ企業が運営するブラックフォーマル・喪服の通販専門店です。
デパートだと、6、7万円するブラックフォーマルスーツを2万円切る価格で提供しています。
楽天・Yahooで21週連続ランキング1位の若々しく可愛いブラックフォーマルが人気ですが、従来の大きいサイズで満足できない人向け「ゆったりフォーマル」も。8,000円以上購入で送料無料です。

試着OK!
土・祝も休まず当日出荷。
「あす着」対応 翌日発送
お急ぎ航空便 関東翌日発送
しわ無しハンガー便

喪服・礼服・ブラックフォーマル
知っておきたい!喪服・礼服・ブラックフォーマル・お受験ママスーツのいまどき事情
タイトルとURLをコピーしました