喪服は和装と洋装、どちらがいいでしょうか?

スポンサーリンク

親族の葬儀などでの正喪服は、和装・洋装(ブラックフォーマル)のどちらを着用するものなのでしょうか?

私は都心部に住んでいるのですが、これまで親族以外で和装喪服を着ている人に会ったことはありません。親族の方も、ほとんどの方が洋装だったと記憶しています。

私の周りでも昔は年配者は和装だったと思いますが、今では膝が悪いなどの理由でむしろ洋装が多い印象です。一般の参列者は親族よりも格上の服装をするわけにはいかないので、必然的に洋装が多くなってきているのかもしれません。

東京などでは洋装が一般的になってきているようですが、今でも地方によっては親族の葬儀では和装を着用するため、嫁入り道具として黒紋付を持参するのが常識となっているところもあるようです。喪服を購入する時期は喜びごとと同時が縁起がいいとされているので、結婚時に揃えるのは良いタイミングなのではないでしょうか。

和装か?洋装か?、これはどちらが正しいというわけではなく、郷に入れば郷に習えと言うことで、その地域の慣習に合わせるのが良いのだと思います。

和服は、着ないでしまっておく場合には、年に4回の虫干しが必要との事。着物をしまう時に使うたとう紙も、1年に一回は交換をしなければいけません。都心部では結婚当初はマンションやアパートなどに住むことも多く、和服を広げる場所も無いというのも実情です。

私自身も和装はほとんど選択肢に入っていませんし、実家・婚家とも「絶対に和服を着なければならない」という雰囲気ではありません。どうしても必要があれば、レンタルを利用しようと思っています。

ただ、友人が喪主を勤めた葬儀では和装で、悲しみの中にも凛としてとても綺麗に見えました。

和服をしまっておける環境(桐の箪笥とか)と、手入れに手間隙がかけられれば和装も悪くない、正喪服としては和装が一番格が上なのだと感じました。

急に必要になった時も安心!ネットで注文・自宅で試着できるフォーマルサイトランキング

メアリーココは、1978年創業の、企画・生産・販売まで一括で行っているフォーマルウェア専門店です。年中無休で、午後12時までなら当日配送が可能なので、急いでいる時も心強いです。

◆サイズ補正サービスがあります
試着サービス、ハンガー便のチョイスなど嬉しいサービスを取り入れていますが、なんと言っても便利なのが、サイズ補正サービス。(有料)袖丈、着丈、パンツの裾丈などを自分のサイズにジャストフィットでオーダーする事が可能なので、サイズの事でイライラする必要はありません。

◆152㎝前後のプチサイズ、17号までの大きいサイズが充実!
通常サイズよりも、着丈・袖丈が短めの身長が低い方でも綺麗に着られるプチサイズ、17号~25号までの大きいサイズのブラックフォーマルが充実しています。

『ビーギャラリー』は、東レ株式会社のグループ企業が運営するブラックフォーマル・喪服の通販専門店です。
デパートだと、6、7万円するブラックフォーマルスーツを2万円切る価格で提供しています。
楽天・Yahooで21週連続ランキング1位の若々しく可愛いブラックフォーマルが人気ですが、従来の大きいサイズで満足できない人向け「ゆったりフォーマル」も。8,000円以上購入で送料無料です。

試着OK!
土・祝も休まず当日出荷。
「あす着」対応 翌日発送
お急ぎ航空便 関東翌日発送
しわ無しハンガー便

喪服・礼服・ブラックフォーマル
知っておきたい!喪服・礼服・ブラックフォーマル・お受験ママスーツのいまどき事情
タイトルとURLをコピーしました