家紋について教えてください。

現代では喪服などの紋付きの着物(礼服)以外では目にすることも少なくなってきた「家紋」ですが、そもそも家紋とはどういう物なのでしょうか?

家紋の歴史は古く、平安時代まで遡る事ができます。

平安末期の源平合戦の絵巻では、源氏と平氏がそれぞれ敵味方を見分けるために白旗(源氏)・赤旗(平氏)を立てて戦う様が描かれていますが、時代を経るごとに旗には家紋の元となる紋章が描かれるようになってきます。

鎌倉・室町時代など武士が政権を握るようになると、戦乱も多く、戦場での目印・自己顕示の証しとして紋の必要性も大きくなり、植物・動物・天体などを素材とする様々な文様の家紋が生まれました。

江戸期に入り世の中が平定されると、戦場での役割は終わりを告げましたがその後も家紋は廃れる事なく、公家・武士のみならず儀礼的な場も多くなってきた一般庶民の間にも浸透していきました。
身分制度の厳しかった時代において庶民は名字を持つことを許されませんでしたが、家紋に関しては規制がなかったため、一族を表すシンボルとして盛んに使用されたようです。

現在、国内で確認されている家紋の数は一万とも二万とも言われています。

西洋の紋章が貴族階級のシンボルであったのと異なり、日本では広く庶民の間にまで広まったため、意匠をこらした数多くの家紋が発達したと言われています。

家紋は確固たる一族のシンボルのように思われがちですが、譲渡によって複数の家紋を所有したり、気に入った図柄を自分の家紋に取り入れたりと現代人が思うより以外と自由なものだったようです。

女性の和装喪服は、黒無地の着物に五つ紋が入りますが、この紋を実家と婚家どちらにするかについては様々な考え方があるため、時として争いの火種になる事もあるようです。

関西圏では、女性だけが母親から譲り受けるいわゆる「女紋」を入れるしきたりがありますが、婚家の家紋を入れる事が当然とする関東地方などでは「非常識」だと言われたり。

また、嫁入り道具を揃えたのは実家なのだから、実家の父方の紋を入れるのが当然だと言う人もいます。

広範囲の地域間で婚姻が行われる現代ならではの摩擦ですが、本来は比較的おおらかに用いられていた家紋だと思えば、いろんな考え方も受け入れられるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました