エンディングドレスを知ってますか?

スポンサーリンク

「エンディングドレス」とは、 最後の時にお棺の中で着る、いわゆる「死に装束」の事です。
「天使服」というエレガントな呼ばれ方もあります。

これまで「死に装束」と言えば、葬儀屋さんが用意してくれる白い着物が一般的でしたが、お仕着せではなく最後まで自分らしいお洒落がしたい、結婚式で着るようなドレスが着たい、という女性の間で密かに注目されつつあります。

確かに、ファッショにこだわりを持つ女性ならば、お葬式の参列者に綺麗な最後の姿を見せたいという気持ちは、当たり前の感情かもしれません。

実際にエンディングドレスを制作しているメーカーのものは、ウェディングドレス?と見間違うような白をはじめとした淡い色合いの素敵なドレス。
ただし、どういう状況で着る事になるか不明なため、全体的にゆったりサイズで体形が隠れるようにギャザーをたっぷりとったデザインが多いそうです。

「エンディングドレス」としての商品がなかった頃は、結婚式を挙げていなかった本人の希望を踏まえて、遺族の方がウェディングドレスを探して着せたり、洋裁の腕を活かして本人もしくは近親者がドレスを手作りしたケースもあったようです。

最近では「終活」ブームもあり、「エンディングドレス」を商品化しているショップもあり、自分らしい生き方を考える一環で30代・40代からも関心を持たれているようです。

そもそも、花嫁衣裳の白無垢と死に装束は、共に新しい世界への旅立ちのという意味で古来より神聖な色であった「白」を使っているそうです。
生家で暮らしていた花嫁は一旦死んで、嫁ぎ先の新たな世界へ旅立つという意味では死出の旅路と同じというわけです。

昔の日本では、結婚式の白無垢を仕立て直して自分の「エンディングドレス」として着用した風習があったようですが、無駄のない合理的な着まわしとも言えますね。

急に必要になった時も安心!ネットで注文・自宅で試着できるフォーマルサイトランキング

メアリーココは、1978年創業の、企画・生産・販売まで一括で行っているフォーマルウェア専門店です。年中無休で、午後12時までなら当日配送が可能なので、急いでいる時も心強いです。

◆サイズ補正サービスがあります
試着サービス、ハンガー便のチョイスなど嬉しいサービスを取り入れていますが、なんと言っても便利なのが、サイズ補正サービス。(有料)袖丈、着丈、パンツの裾丈などを自分のサイズにジャストフィットでオーダーする事が可能なので、サイズの事でイライラする必要はありません。

◆152㎝前後のプチサイズ、17号までの大きいサイズが充実!
通常サイズよりも、着丈・袖丈が短めの身長が低い方でも綺麗に着られるプチサイズ、17号~25号までの大きいサイズのブラックフォーマルが充実しています。

『ビーギャラリー』は、東レ株式会社のグループ企業が運営するブラックフォーマル・喪服の通販専門店です。
デパートだと、6、7万円するブラックフォーマルスーツを2万円切る価格で提供しています。
楽天・Yahooで21週連続ランキング1位の若々しく可愛いブラックフォーマルが人気ですが、従来の大きいサイズで満足できない人向け「ゆったりフォーマル」も。8,000円以上購入で送料無料です。

試着OK!
土・祝も休まず当日出荷。
「あす着」対応 翌日発送
お急ぎ航空便 関東翌日発送
しわ無しハンガー便

喪服・礼服・ブラックフォーマル
知っておきたい!喪服・礼服・ブラックフォーマル・お受験ママスーツのいまどき事情
タイトルとURLをコピーしました