むかし、喪服は白だったのですか?

スポンサーリンク

喪服と言えば今の常識では黒ですが、昔の喪服は白色でした。

今でも、地方によっては喪主だけは白色の喪服を着る風習が残っていて、頭に帯状の布や紙を付け、死者と同じ装束でお弔いをするそうです。
「ひとり旅立っていった死者の魂を慰めるために同じ衣装を身に付ける」という意味があるのかもしれません。

白いかぶり物また、女性が白無垢と同じような白いかぶり物を被っている古い写真も残っています。

日本では昔から、白色は神聖で清浄な神の世界の色と考えられていました。
白色の着物はケを祓う晴れ着であり、赤ん坊の産着・結婚式の白無垢・お葬式の死装束などに使われます。

日本土着の死生観は、あの世とこの世を「行ったり来たり」するものであり、その行き来に神聖な白を身につけると考えられているため、赤ん坊と死装束は同じ色を用います。

花嫁衣装も同じ白色であるのは、生まれた家の娘としては「いったん」死んで、婚家の人間として新たに生まれ変わるという意味合いがあるからだそうです。

喪服の女性
喪服の色が白から黒に変わったのは、明治時代の政府の政策によるものでした。

1897年(明治30年)、明治天皇の嫡母である英照皇太后の葬儀の際に、西洋諸国に遅れを取るまいとした政府が、初めて黒を使った西洋式の服装を導入しました。
哀悼の意を示す方法として、服の左腕や旗の上部に、黒の腕章、記章、布などをつけるよう告示したため、庶民は慌てて黒の布を買いに走ったという記録が残っています。

その後、戦争による死者が増え、貸衣装屋も汚れやすい白よりも汚れが目立たない黒があつかいやすく、これを奨励したため、その後は黒が喪服の定番になりましたが、黒の喪服の歴史は以外と新しいもののようです。

記憶に新しいところでは、歌舞伎の勘三郎さんの葬儀で奥さんが白い喪服を着用されていました。

白の喪服は「貞女ニ夫にまみえず」、貞女は夫が死んだあとも再婚することはないという事を示す意味合いが込められています。

 

急に必要になった時も安心!ネットで注文・自宅で試着できるフォーマルサイトランキング

メアリーココは、1978年創業の、企画・生産・販売まで一括で行っているフォーマルウェア専門店です。年中無休で、午後12時までなら当日配送が可能なので、急いでいる時も心強いです。

◆サイズ補正サービスがあります
試着サービス、ハンガー便のチョイスなど嬉しいサービスを取り入れていますが、なんと言っても便利なのが、サイズ補正サービス。(有料)袖丈、着丈、パンツの裾丈などを自分のサイズにジャストフィットでオーダーする事が可能なので、サイズの事でイライラする必要はありません。

◆152㎝前後のプチサイズ、17号までの大きいサイズが充実!
通常サイズよりも、着丈・袖丈が短めの身長が低い方でも綺麗に着られるプチサイズ、17号~25号までの大きいサイズのブラックフォーマルが充実しています。

『ビーギャラリー』は、東レ株式会社のグループ企業が運営するブラックフォーマル・喪服の通販専門店です。
デパートだと、6、7万円するブラックフォーマルスーツを2万円切る価格で提供しています。
楽天・Yahooで21週連続ランキング1位の若々しく可愛いブラックフォーマルが人気ですが、従来の大きいサイズで満足できない人向け「ゆったりフォーマル」も。8,000円以上購入で送料無料です。

試着OK!
土・祝も休まず当日出荷。
「あす着」対応 翌日発送
お急ぎ航空便 関東翌日発送
しわ無しハンガー便

喪服・礼服・ブラックフォーマル
知っておきたい!喪服・礼服・ブラックフォーマル・お受験ママスーツのいまどき事情
タイトルとURLをコピーしました