お葬式でかぶる帽子について教えてください。

  • レースやリボンで装飾された瀟洒なトーク帽やベールで顔を覆った女性は、洋画のお葬式のシーンでよく見かけます。顔半分をベールで隠ととても神秘的で、美しく、こんな帽子を被ってお葬式に列席したいと思う人も多いと思います。
    基本的な小物のマナーを調べてみました。

    トーク帽のマナー

     お葬式にかぶるブリム(つば)が無い筒状の帽子の事で、通常、黒の羽、リボン、ベールなどが施されています。

    • 帽子を被る場合は、必ず手袋を付ける。
    • 帽子と手袋で洋装の第一礼装になるので、おもにに親族のよそおいとなる。
    • ゲストの立場で親族と同等か格上の服装は、マナー違反になる。
    • 「わざわざお洒落をしている」ように見えないように注意する。
    • 室内でもかぶったままでよい。

    モーニングベールのマナー

    キリスト教の宗派(カトリック)の葬儀は、頭からすっぽりと覆うようにベールをかぶります。

    • 故人の妻がかぶるベールが一番大きく、縁が遠くなるほど小さいものをかぶる。
    • 信者以外はかぶらない。

モーニングベールのマナー

キリスト教の宗派(カトリック)の葬儀は、頭からすっぽりと覆うようにベールをかぶります。

  • 故人の妻がかぶるベールが一番大きく、縁が遠くなるほど小さいものをかぶる。
  • 信者以外はかぶらない。
タイトルとURLをコピーしました