急な訃報 服装はどうする?

会社や外出先などから、急な訃報でお通夜に出向く場合、服装はどうすればいいでしょうか?

お通夜は取り急ぎ駆けつけるものなので正式な喪服でなくても構いませんが、いつものままというわけにも行きません。

遺族の方の気持ちを考えて、可能な限りお悔やみの気持ちを表す服装に整えましょう。

女性

化粧できるだけ地味なものに変える。
髪型ロングの場合は束ねる。
アクセサリー結婚指輪以外外す。
ストッキング黒の薄手のストッキングに履き替える。タイツはできるだけ避ける。
ネイル一般のネイルは除光液で落とす。
ジェルネイルはベージュのポーリッシュを上塗りするか、黒手袋を購入して隠す。
バッグ金具など光るものがついているものは紙袋などに入れて隠す。
コート革、毛皮がついているものは、会場に入る前に脱いで紙袋などに隠す。
派手な服安価なものでもいいので、黒のブラウスを購入して着替える。黒・グレーなどのストールを羽織る。
服のボタン光るボタンは、フォーマルウェアショップや手芸店でくるみボタン用布を購入して隠す。

男性

ネクタイカラフルなネクタイは駅の売店、100円ショップ、コンビニなどで黒を購入する。どうしても変更ができない場合は外す。
時計金属などが目立つようなデザインの時計は外す。
コート革のコートやダウン、ダッフルコートなどカジュアルなものは、会場に入る前に脱いで紙袋などに隠す。
ストッキング黒の薄手のストッキングに履き替える。タイツはできるだけ避ける。
ネイル一般のネイルは除光液で落とす。
ジェルネイルはベージュのポーリッシュを上塗りするか、黒手袋を購入して隠す。
バッグ金具など光るものがついているものは紙袋などに入れて隠す。

どうしても相応しくない服で駆けつける場合は、遺族の方に一言お断りを入れるましょう。

お通夜の服装は、昔は連絡手段などが乏しいため、喪服で列席するのは準備していたようで失礼だと言われていました。

最近は、携帯メールなどすぐに情報が伝わります。

通常は十分準備の時間が取れるため、都市部では本葬と同じように喪服(ブラックフォーマル)を着ることが多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました