喪服・礼服・ブラックフォーマルに付ける真珠ネックレスの種類を教えてください。

「月のしずく」「人魚の涙」とも言われ、古来から親しまれてきた真珠はフォーマルな席に欠かせない宝石ですが、以外と認識されていない真珠(パール)の種類を調べてみました。

最近では養殖の技術が進み、安価でも美しい真珠が手に入りやすくなったようです。

あこや(阿古屋)本真珠
あこや(阿古屋)本真珠 あこや貝から取れる真珠のことで、 本真珠と呼ばれるものは、養殖のあこや貝に球体に削った核を外套膜と一緒に挿入し、真珠層を形成させたものを指すことが一般的です。

母貝も手のひらサイズで、真珠のサイズも2mm~10mmくらいの比較的こぶりで、ホワイトピンク系、ホワイトグリーン系、クリーム系、ゴールド系の色があります。

イミテーションではなく、本物という意味で淡水パールなども本真珠と言う場合もあります。

黒蝶真珠
黒蝶真珠 黒蝶貝から取れる真珠のことで、主にタヒチ、沖縄などで養殖されています。

色は黒系、緑系、グレー系、赤系などあがありますが、深い緑に赤みがかった反射のある「ピーコックグリーン」が人気です。

南洋白蝶真珠
南洋白蝶真珠 白蝶貝から取れる真珠で、母貝も大きく、真珠自体も19mmほどに育つ物もあります。

主にオーストラリア、インドネシア、フィリピン、ミャンマーなどで養殖され、オーストラリア海域で育つシルバーリップ(青みがかっている)、インドネシアやフィリピン海域で育つゴールドリップ(黄色・金色がかっている)の種類があります。

淡水パール
淡水パール 淡水生の貝(イケチョウガイ、カラス貝など)の中にできる真珠で、日本では琵琶湖などで養殖されています。

養殖の際に核を挿入せず、母貝内に外套膜片のみを挿入するため、真珠はライス型・ドロップ型・スティック型など、さまざまな形状の真珠が取れます。

貝パール
貝パール 養殖真珠と同じ貝殻を核にして人口の真珠層を重ねたもの。人口真珠。

湖水真珠
湖水真珠 養殖の「ヒレイケチョウガイ」(中国名:三角帆貝)から取れる真珠。1990年代以降に養殖に成功しました。

タイトルとURLをコピーしました