喪服・礼服・ブラックフォーマルのお手入れ方法を教えてください。

念珠(ねんじゅ)とは数珠(じゅず)とも呼ばれ、穴を空けた複数の珠を糸で連結した仏教で使用される祈りのための道具です。

小さい子ども連れの幼稚園の入学式・卒業式、急な葬儀などで、ブラックフォーマルを着る際は色々と慌しく、気をつけていても意外とブラックフォーマルは汚れています。

着用後のお手入れをしっかりして、高価なフォーマルウェアを5年~10年と長く使用したいものです。

黒地は汚れが目立ちませんが、汚れや汗をそのままにしておくとカビが生えたり変色する事もあり、いざという時に慌てないためにも着用ごとにお手入れします。

ブラシをかけホコリや汚れを落とす。
着用後は豚毛や馬毛などキメが細かい専用のブラシをかけ、ホコリや軽い汚れを払います。ポケットの中は空にして、保管中の型崩れを防ぎます。
クリーニングに出す
汚れがある場合はなるべく早くクリーニングに出します。
短時間の着用で、目視で汚れが見当たらない場合はブラシをかけるだけでも大丈夫ですが、念のためにクリーニングに出した方が無難です。
特に、夏場は多量の汗をかいており、汗じみが着く前にクリーニングに出すことをおすすめ致します。クリーニング店から戻ってきたら、一度陰干しをして風を通し保管します。
その際に、クリーニング店のビニールからは出し、不織布などのカバーに移し変えるとホコリ避けになります。
ゆったりと保管する
クローゼットなどでは無理に詰め込むと型崩れの原因となるので、余裕を持って収納しましょう。
できれば定期的に風を通したり、ブラシをかけると安心です。
アクセサリーのお手入れも同時に
以外と忘れがちなのが、パールなどのアクセサリーのお手入れです。洋服と違い、うっかりそのままアクセサリーボックスにしまいそうですが、汗が付いたままでは劣化の元になります。
柔らかい布で丁寧に拭いてから桐の箱などに保管してください。

タイトルとURLをコピーしました