授乳中の喪服・礼服・ブラックフォーマルにはどんなアクセサリーをつければいいの?

ブラックフォーマル(喪服)を着た時は、原則として結婚指輪以外のアクセサリーは外すのが礼儀と言われています。

例外として、白や黒のパール、ブラックオニキス、ジェットのネックレスは許容範囲とされており、ネックレスとイアリングのセットなどの形で販売されています。

その場合にも、2連のネックレスは「不幸が重なる」との意味合いからふさわしくないとされていますので、必ず1連のものを選んでください。

また、地域や年代によってはイアリングとネックレスを両方付けるのは華美にあたるとされている場合もあり、他の参列者や年配の方と合わせることが大切です。

アクセサリー以外で、うっかりしがちなのがネイル。透明などは一見わかりませんが、付けない方が無難です。ネイルアートはキラキラ光って焼香の際などにかなり目立ちますので、忘れずに落として参列しましょう。

ブラックオニキスとは?
和名を黒縞メノウと言います。
オニキスという名前は、ギリシア語で爪や縞を意味する言葉が語源だと伝えられていおり、以前は様々な色が重なって縞模様のブラックオニキスある瑪瑙のことを総称して「オニキス」と呼んでました。

現在では「オニキス」といえば、ブラックオニキス(黒瑪瑙)のことを指し、邪気や悪気を祓う魔除けの石としても知られています。

ジェットとは?
和名を黒玉と言います。
ジェット19世紀、イギリスのヴィクトリア女王がアルバート公の死後、25年間身につけて喪に服していたと言われる宝石です。

ジュラ期時代の針葉樹の幹が化石化したものです。

タイトルとURLをコピーしました