なぜ喪服は黒なのですか?

喪服と言えば「黒」が一般的ですが、日本の歴史を遡れば、喪に服す色と言えば実は「白」でした。「日本書紀」などの古い文献には、「その頃の喪服は白であった」という記述が残っています。

平安時代に入ると、貴族の間では「喪の際には黒染めの色を着用する事」と定められたため、以後は「黒」を着用する事が多くなってきます。

室町時代にはまた「白」が復活しますが、なぜ「黒」から「白」に戻ったかは諸説があり一定しません。庶民の間ではそもそも「白」のままだったという説もありますが、「黒」に染白い着物める手間の問題も少なからずあったのではないでしょうか?

明治時代に入り、欧米諸国の影響を受けるようになるとまた「黒」が台頭してきます。
明治30年の皇室の壮麗の際に諸外国を意識して「黒」に統一された事もあり、以後皇室の喪服は正式に「黒」を着用する事となりました。

庶民の間では、太平洋戦争の頃までまだ「白」の名残がありましたが、その後は汚れの目立たない「黒」の喪服が実用的なこともあり、以後現代に至るまで黒色で広まってきたと言うことです。

地方によっては、昔の慣習の名残で、今でも白の喪服を着るところもあるそうです。

タイトルとURLをコピーしました