なぜ喪服は黒なのですか?

スポンサーリンク

喪服と言えば「黒」が一般的ですが、日本の歴史を遡れば、喪に服す色と言えば実は「白」でした。「日本書紀」などの古い文献には、「その頃の喪服は白であった」という記述が残っています。

平安時代に入ると、貴族の間では「喪の際には黒染めの色を着用する事」と定められたため、以後は「黒」を着用する事が多くなってきます。

室町時代にはまた「白」が復活しますが、なぜ「黒」から「白」に戻ったかは諸説があり一定しません。庶民の間ではそもそも「白」のままだったという説もありますが、「黒」に染白い着物める手間の問題も少なからずあったのではないでしょうか?

明治時代に入り、欧米諸国の影響を受けるようになるとまた「黒」が台頭してきます。
明治30年の皇室の壮麗の際に諸外国を意識して「黒」に統一された事もあり、以後皇室の喪服は正式に「黒」を着用する事となりました。

庶民の間では、太平洋戦争の頃までまだ「白」の名残がありましたが、その後は汚れの目立たない「黒」の喪服が実用的なこともあり、以後現代に至るまで黒色で広まってきたと言うことです。

地方によっては、昔の慣習の名残で、今でも白の喪服を着るところもあるそうです。

急に必要になった時も安心!ネットで注文・自宅で試着できるフォーマルサイトランキング

メアリーココは、1978年創業の、企画・生産・販売まで一括で行っているフォーマルウェア専門店です。年中無休で、午後12時までなら当日配送が可能なので、急いでいる時も心強いです。

◆サイズ補正サービスがあります
試着サービス、ハンガー便のチョイスなど嬉しいサービスを取り入れていますが、なんと言っても便利なのが、サイズ補正サービス。(有料)袖丈、着丈、パンツの裾丈などを自分のサイズにジャストフィットでオーダーする事が可能なので、サイズの事でイライラする必要はありません。

◆152㎝前後のプチサイズ、17号までの大きいサイズが充実!
通常サイズよりも、着丈・袖丈が短めの身長が低い方でも綺麗に着られるプチサイズ、17号~25号までの大きいサイズのブラックフォーマルが充実しています。

『ビーギャラリー』は、東レ株式会社のグループ企業が運営するブラックフォーマル・喪服の通販専門店です。
デパートだと、6、7万円するブラックフォーマルスーツを2万円切る価格で提供しています。
楽天・Yahooで21週連続ランキング1位の若々しく可愛いブラックフォーマルが人気ですが、従来の大きいサイズで満足できない人向け「ゆったりフォーマル」も。8,000円以上購入で送料無料です。

試着OK!
土・祝も休まず当日出荷。
「あす着」対応 翌日発送
お急ぎ航空便 関東翌日発送
しわ無しハンガー便

喪服・礼服・ブラックフォーマル
知っておきたい!喪服・礼服・ブラックフォーマル・お受験ママスーツのいまどき事情
タイトルとURLをコピーしました