お通夜の服装は喪服?平服?

お通夜は、本来「とりあえず、まず駆けつける」事が大事だと言われていますので、服装は喪服ではなく、黒やグレーなどの地味な物であればよいとされています。

喪服着用だと「わざわざ用意して待っていました」という感じになるので、不謹慎だと言われていました。
しかし、最近はだいぶ事情が変わってきているようです。

以下のような理由から、お通夜にも喪服着用が一般的になってきました。

昔は和装の喪服が多く、準備に手間取る喪服を着て行くと「準備してました」感があったが、現在は手軽なブラックフォーマルスーツが中心であるため違和感がない。

現代は電子メールや携帯で訃報が届くため、連絡を受け取ってから通夜までに時間がある。喪服準備の時間も十分取れる。
通夜は本来家族や親しい人々だけで執り行われるものだったが、忙しい現代では通夜のみに参列する事も多く、通夜と本葬の差があまりなくなった。 (都心部では、通夜の方が本葬よりも出席者が多い事もあるようです。)

現代ではお通夜も喪服(略礼服)着用が主流になっていますが、地味な平服で列席することはマナー違反ではありませんので、地域・立場・一緒に参列される方の様子などを踏まえて判断するといいでしょう。

私の失敗談

子どもの頃、「通夜に喪服は失礼にあたる」と教えられていましたので、お通夜に駆けつける時は地味な平服をこころがけていました。仕事帰りなら黒のパンツスーツにグレーのシャツとか。

でも、最近、地域(東京都)のお通夜に参列した時、私以外のほとんどの方が完璧なブラックフォーマルに身を包んでおり、かえって焦った経験があります。

「昔の常識」が頭から離れず、未だに「通夜に喪服」は抵抗がありますが、時代と共に常識も変わっているのでしょうね。

その通夜の時も、私と同じ地方の出身者は平服だったので、地域による認識の差もあると思います。

次回からは迷わずお通夜にも喪服(ブラックフォーマル)を着ていくと思います。

タイトルとURLをコピーしました